【その9】自宅などで横になって行うもの




畳や床で仰向けになって、テニスボールを片頭痛する痛い側の肩甲骨の内側(背骨側)に置いて、ボールに体重を乗せます。骨でなく、心地良い筋肉にボールがくるようにしたまま10分くらいゆったりしてください。ほか肩甲骨周辺の気持ちいいところにボールを動かして自重をかけるのもオススメです。

  →肩甲骨が発する痛みを即席で退治します。職場では対象となる部位を「げんこつ」で殴ってもらうのも手です(本当)。ここに刺激を与えるだけで、かなり楽になります。