眼精疲労からくる偏頭痛をなくそう!

眼精疲労じゃないですか?

眼精疲労とは、休息を取っても、目の奥の痛みや頭痛、目のかすみなどの症状が残る場合を言うそうです。
目の奥の痛みや頭痛、目の充血やかすみ、視力の低下などの症状の他に、体の痛みや胃の痛み、便秘や食欲不振などを引き起こすこともあり、進行すると、イライラや不安感、うつ状態へと発展する場合もある結構怖い病気です。

調べたところ、目のピントを合わせる部分の疲労蓄積がMAXになったときがまずいようです。



眼精疲労の治療ヒント

定期的にな眼や目の周りの血液の循環を良くすることが先決です。
目の周りのマッサージは血流改善で効果があるようです。

ただし、充血が続く、頭痛や目の奥の痛みがひどい、視力が低下するなどの症状が重い場合は、眼科医の診察を受けることをお勧めします。違う病気かもしれません。。。



ウィキペディア情報をまとめました


キーワードはこんな感じです
1から順に5で偏頭痛準備完了です。

  1. パソコン画面を凝視
  2. 瞬きの回数が減少
  3. 日々の長時間デスクワーク
  4. 眼球表面の乾燥が慢性化
  5. 眼球表面の傷や障害(ドライアイ)


で、この眼精疲労の処方なるヒントは、
ドライアイは「ヒアルロン酸」の保護を通じて自然治癒に任せること、
眼精疲労はシアノコバラミン(ビタミンB12)を摂取して元気になる!
でした。

ドライアイ(ウィキペディアより)
眼精疲労(ウィキペディアより)
シアノコバラミン(ビタミンB12)(ウィキペディアより)




つまり



  • パソコン画面を凝視
  • 目のピントを合わせる部分の疲労蓄積
  • 「シアノコバラミン」を点眼(ビタミン B12 の一種)目薬はこれがいい!
  • 目の水晶体のピント調節を行っているのは毛様体筋。
  • 「シアノコバラミン」はこの働きを活発にし、ピント調節する元気を取り戻してくれる。
  • 目が元気になる
  • 眼精疲労に効く!


ちなみに、肉体疲労時の栄養補給剤ではこのビタミンB12が「新キューピーコーワi」に入ってます。眼精疲労・肩こりなどの症状を緩和だそうです。

体験談ですが、自分はこっちの方が安い!と、「キューピーコーワゴールドα」を買ってしまいました。こっちには成分にビタミンB12の含有はありませんでした。。。念のため失敗談報告でした。